初心者におすすめの「フェルティングニードル」


こんにちは!
「羊毛フェルトのまんまることり」へようこそ!!

今回は「ニードル」についてご紹介します!!

羊毛フェルト フェルティングニードル

並べてみたフェルティングニードル。

メーカーや太さが違います。

一番下のニードルが長いだけで、違いが無いように思えますね。

針先をアップにしてみると・・・

羊毛フェルト フェルティングニードル

こんなに違いがあります。

針先にぷつぷつと見えるのがバーブ(切れ込み)

この切れ込みが毛を絡ませてフェルト化します。

一番上のスピード針は、浅く刺してもフェルト化するように、バーブが先端に集まっています。

極細針は、布に羊毛刺繍をしたりする時や、マスコット等の最終仕上げの時に使います。

この4本のニードルで、のこのこが初心者さんにおすすめするのは

「クロバーのスピード針」です。

浅く刺してもすぐにフェルト化するので、扱いやすいです。

 

羊毛フェルト フェルティングニードル ホルダー

家にあった「ニードルホルダー」です。

一番上がハマナカさんの2本用ホルダー。

真ん中はクロバーさんの1本用ホルダー。

一番下のクロバーさんのペンタイプのホルダーはニードルが3本入るタイプです。これは、羊毛をまとめるのに大変役立ちます!!

 

ホルダーを紹介しましたが、ニードルはそのままで使ってもかまいません。

使っていて、疲れるようでしたら、ホルダーを使うのも良いと思います。

写真にはありませんが、ハマナカさんの1本用ホルダーも販売しています。

 

 

実際に、羊毛を刺したときの感じも見てみましょう。

羊毛フェルト フェルティングニードル 刺し穴

羊毛で作った丸いベースの上に、羊毛を乗せて刺し付けてみました。

スピード針やアナンダ中針は太めなので、針穴が大きく見えてしまいます。

極細針は、綺麗ですが時間がかかります。

 

穴を消すために、細針でまんべんなく刺してあげると・・・

羊毛フェルト フェルティングニードル 刺し穴

このように、つるっと綺麗な表面になります。

スピード針と細針の2本使いをすると、綺麗に仕上がるのでおすすめです。

 

私が普段使っているのは、
アナンダの中針、ペレンデールの極細、クロバーのペンタイプホルダー、クロバーのスピード針です。

 

ニードルの長さや、刺した感じなど好みもありますので、ぜひ色々なメーカーさんのニードルにチャレンジして、自分の「一番」のニードルを探してください!!

 

おまけに、

ハマナカさんのニードルケース。

羊毛フェルト ニードル入れ ハマナカ

 

おしゃれです〜!!

私はニードルが多いので、使ってないのですが(笑)

 

気持ちが「ほっこり」とやすらぐような作品を
のこのこからあなたへお届けいたします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »